テレビに搾取されているのに気づいていない人たち

シェアする

どうも、烈志(@TsuyoshI_ad)です。

テレビってどの家庭にもあると思うのですが、
あなたはテレビはご覧になりますか?

僕はほとんど観ません。

年末年始にかるく観る程度です。

なぜかというと、
興味がある番組がないというのが一つですが、
科学的な理由があります。

それは、テレビにはネガティブな情報が多く、
脳やメンタルにめちゃめちゃ悪い
ということです。

ネガティブな情報って、ニューズやワイドショーで
たくさん取りあげられるじゃないですか。

芸能界の〇〇さんが亡くなったとか、
最近で言えばアメフトのタックル問題とか。

どんだけ同じ情報流すねんって
僕は思うんですけど(笑)

そこで、です。

なぜメディアはネガティブな情報を
あんなに取り上げるのでしょうか?

それは、ネガティブな情報の間に
CMをはさむことで、
僕ら消費者の購買意欲を高めるためです。

ヒトはネガティブな情報(愚痴、陰口など)を
受けとると、無意識にエネルギーを
奪われます。

そして、その奪われたエネルギーを補充するために
贅沢品を買ったり、
暴飲暴食に走ったりします。

その証拠に、
アメリカで行われた実験では、
残忍な殺人事件のニュースを見せられた被験者は
ロレックスの時計などの高級品を
欲しがる傾向が強くなりました。

イヤなことがあって、
その憂さ晴らしするために
ワケ食いする女性っていますよね。

あれです。

これで、
なぜメディアがネガティブな情報を
あんなに流すのかがおわかりでしょう。

そう、
ネガティブな情報のあとにCMを流して、
僕ら消費者に商品を買わせやすくするためです。

まあ、それがテレビの本質ですよね。

テレビの第一の目的は
視聴者を楽しませることではなく、
CMで企業に利益を出させることなんですから。

また、
テレビを長時間観る人ほど人生の満足度が低く
うつにも罹りやすいという
怖いデータもあります。

ですから、
僕はテレビを観ませんし、
クライアントのみなさんにも
テレビはなるべく見ないように勧めています。

あなたもテレビを観てエネルギーを
奪われないように気をつけて下さい。