あなたを蝕んでいく“時間ストレス”の正体とその対策法

シェアする

どうもっす、アトピー悪化で大学を休学した烈志です。

さて、今回のテーマは“ストレス”です。

僕もそうだったのですが、肌トラブルを抱えてる人たちは相当なストレスを抱えているはずです。

痒くて熟睡できない、作業に集中できない、人の目が気になって気軽に外出できないなど、まあ辛いですよね。

過度なストレスは生理機能にも影響を与え、寿命も縮めるということは、ご存知の方も多いと思います。

そのストレスですが、主に3種類あります。

「時間ストレス」「対人ストレス」「仕事ストレス」です。

もしあなたがストレスを抱えていると思っているとしたら、この3つのどれかに当てはまるはず。

さて、今回は「ストレスシリーズ」ってことで、「時間ストレス」の恐ろしい特徴とその4つの対策法について書きたいと思います。

「時間ストレス」はこんな風にあなたを蝕んでいく

現在社会では、”時間”はストレスの最も大きい要因の一つと考えられています。

いつも時間に追われてせかせかしているという人は、日常生活のあらゆることを速くやらねばならないと思いこんでいます。

そして、同時にいろんなことをしたり考えたりします。

これは「マルチタスク」というやつで、成功しない人の行動パターンの一つです。

また、彼らには次のような特徴もあります。

・人の話をほとんど聞かない

・相手の話を途中で遮る

・いらいらしがち

・じっと座っていたり、何もしないでいたり、列に並ぶのが苦手

・集団の中で主導権を握りたがるetc.

あなたの周りにいませんか、こんな人。

もしいたら、その人は相当な時間ストレスを抱えているはずです。

こんな理不尽な人とは関わりたくないですよね、、

時間ストレスを逃れるための4つの方法

テクノロジーによってあらゆるものがスピードアップしている現代。

それに完全に巻き込まれることなく、それに対処するための4つの方法があります。

①何が必要なのか、見極める

②”現在”という時間の中で生きる

③瞑想する

④生活をシンプルにする

の4つです。

一つずつ解説します。

何が必要なのか、見極める

まず、今やりたいと思っていることをリストアップします。

それから、「この中で本当に自分に必要なものはどれか?」「体を犠牲にしてまでやる価値があるのか?」などと自分に問いかけてみてください。

こうすることで自分にとって本当に重要なことに取り組もうという意識がうまれ、時間に余裕ができます。

自分にとっての最優先事項に一点集中しましょう!

“現在”という時間の中で生きる

僕はたまに、「もっとはやくやっておけばよかったなー」とか「将来どうやって生きてるかなー」みたいに思うことがあります。

僕みたいに、過去を思い出したり、将来について思い悩むことに多くの時間を割いちゃってる人て多いと思います。

でも、そんな時間の過ごし方では、不安が高まったり、焦ったりするだけで、決してプラスにはならないですよね?

そこで、過去や未来のことで頭がごちゃごちゃしているっていう人は、今の感情をすべて紙に書き出すことをおススメします。

例えばこんな感じです。

・〇月までこっちで頑張れるか不安

・仮に引っ越したとして、体調が悪化しないか不安

・〇〇で働くとして、人間関係がうまくいくか不安

僕もたまにカフェなどにいってやりますが、かなり頭がスッキリします。

また、感情を紙に書きだすことで不安が軽減するということが科学的にわかっているのでおすすめです。

僕らに与えられているのは”今”という時間だけです。

過去にとらわれず、未来に怯えず、今この瞬間を生きましょう。

瞑想する

当ブログでもお馴染みのやつですね。

瞑想とは、“時間の流れの中から抜け出し、今という静止した瞬間に身をおく”ことです。

僕は毎日朝と寝る前に瞑想してますが、その間は時間の流れがゆっくりになるのを感じることができます。

一日5分からでもいいので、是非瞑想をやってみて下さい。

その際はこちらの過去の記事を参考にして下さい。

生活をシンプルにする

これは一番目の「何が必要なのか、見極める」に似ています。

シンプルにするということは、やるべきこととやりたいことの優先順位を決め、それと同時に意識的に切る捨てるものを選択するということです。

これは、仕事、お金、人間関係などあらゆることにあてはめるべきです。

生活を複雑にしすぎてしまうと、生産性や集中力がガタ落ちし、“燃え尽き症候群”に陥ってしまいます。

すべてをシンプルにしましょう。

僕がやっているのは、

・いらなくなった本は寄付するか売る

・服の数は最小限におさえる

・浪費にはお金と時間を使わない

・どうでもいい誘いは断る

こんなところです。

なお、この項目に関しては、僕の大好きなメンタリストDaiGo氏が書いた「片づけの心理法則」という本がかなり参考になるので、是非買ってみて下さい!

最後に

最後に今回のポイントをおさらいしましょう。

・自分にとって本当に重要なことに一点集中しましょう

・“現在”という瞬間だけに集中しましょう

・一日5分でもいいので瞑想しましょう

・自分にとって必要なもの、そうでないものを選択し、すべてをシンプルにしましょう。

この時間ストレスに関しては、僕自身もまだまだやるべきことがありますが、焦らずにやっていこうと思います。