睡眠不足が引き起こす3つの弊害

シェアする

どうもっす、アトピー悪化で大学を休学した烈志です。

アトピー持ちの方の悩みでよく聞くのが、

「痒くて眠れない」というやつです。

その気持ちよくわかります。

僕も脱ステからのリバウンド期はほとんど

眠れず、気づいたら朝みたいなことも

たまにありました。

睡眠は人間の三大欲求の一つですから、

眠れないっていうのは辛すぎますよね。

だから、僕はその苦しみから逃れようと、

睡眠に関する知識を得ようといろんな

本を読んできました。

その中でわかったのが、

“睡眠は人生を変える、

睡眠不足が人生を狂わせる可能性がある”

ということです。

健康のために睡眠がどれほど大事かなど

僕が言うまでもないと思いますが、

”眠れないってこんなに怖いこと”

だということをより多くの人に知ってほしい

と思い、この記事を書きました。

睡眠不足による弊害①甘い物がやたらと欲しくなる

「強烈に甘い物が食べたい!」

こう感じたことがある人は多いと思います。

その原因は睡眠不足にあるかもしれません。

調査によると、24時間一睡もしない状態が

続いた直後は、脳に送られるグルコースの

量が全体で6%減るといいます。

脳内からグルコースが減少すると、

身体はできるだけ早く脳にグルコースを

送ろうとします。

なるほど、だから眠れなかった日は

あんなにアイスクリームが食べたくなった

んですね・・・(笑)

睡眠不足による弊害②老化を促進させる

「テロメア」というやつを知っていますか?

これは染色体の末端にあり、

染色体の破損を防いでくれています。

また、人の寿命を知るうえで、最も正確な

指標になるとも言われています。。

このテロメアは年齢を重ねるごとに

すり減っていき、最終的には消えて

なくなります。

それが“死”です。

そして重要なのが、

テロメアを縮めるスピードを加速させる

最大の要因が睡眠不足だということ。

僕は大学二年の時に忙しすぎて睡眠不足に

陥っていましたが、それが老化を早めていた

なんて、恐ろしいことですね・・・

睡眠不足のよる弊害③非行の可能性が高まる

面白い研究結果があります。

上司に社員を評価してもらったところ、

睡眠不足の社員はそうでない社員に比べ、

他人の手柄を横取りするなど、

倫理に反する行為をする傾向があったのです。

なぜこんな結果になったのかというと、

睡眠不足によって自己コントロール能力が

低下したからだと考えられています。

睡眠をしっかりとっていれば、自己をコント

ロールし、的確に意思決定することができます。

しかし、睡眠不足が続くと短期的には

自己コントロール能力を低下させ、

長期的には糖尿病のリスクを高める

ことがわかっています。

睡眠不足は「ずる」などの非行、

様々な病気を誘発するということです。

最後に

この記事で言いたいことは次の三つです。

・甘い物が強烈に欲しい状態の時は

睡眠不足を疑うこと。

・老化を早めたくなければちゃんと眠ること。

・思い通りの人生を歩みたいなら

ちゃんと眠ること。

睡眠不足がどれだけ自分に悪影響を及ぼすか、

わかっていただいたと思います。

最高の睡眠を手に入れる方法については、

これからめっちゃ時間をかけて作ろうと

思っているので、

楽しみにしていて下さい!