科学が実証!瞑想が健康にもたらす効果と基本的なやり方

シェアする

どうもっす、

アトピー悪化で大学を休学した烈志です。

ここ数年、“瞑想”とか“マインドフルネス”という

言葉が流行っていますよね。

書店でもそれ関連の本をたくさん見かけます。

僕が瞑想に興味を持ち始めたのは大学2年の時で

メンタリストDaiGo氏の『超集中力』で瞑想を

知ったのがきっかけです。

それで、瞑想について色々調べたところ、

瞑想が身体と精神の健康に効きまくるという

ことがわかりました。

Googleなどの超一流企業が瞑想を取り入れて

いるのも納得できます。

そこで今回は、瞑想が身体と精神にもたらす

効果と、誰でも簡単にできる瞑想の方法

ご紹介します。

瞑想を習慣にして真の健康を手に入れて、

充実したい人生を送りたいという方は

是非続きをご覧下さい。

瞑想の効果(身体編)

瞑想がメンタルに効くというのは、

よく知られていると思います。

しかし、実は瞑想には身体の変化にも

影響を及ぼすって知ってましたか?

瞑想で理想のスタイルに近づける

なんと、瞑想には体重を落とさずに

脂肪だけを落とす効果があるんです!

ある実験で、被験者は8週間にわたって

一日30分の瞑想を行いました。

すると、被験者の体重は変わらず、体脂肪率が

減ったのです。

筋肉がつき、体脂肪だけが落ちたことで

体重が変化しなかったということです。

僕も余計な脂肪がついていない、

ある程度筋肉質なスタイルを目指しているので、

瞑想はもってこいですね。

瞑想の効果(精神編)

ここがメインですが、瞑想がメンタルに

もたらす効果を列挙します。

・ストレスと不安が減少する

・音楽をもっと楽しめるようになる

・心臓病リスクが半減する

・共感力が高まる

・偏桃体が変化して性格がよくなる

(ハーバード大学の研究)

・ネガティブな感情のコントロール力が上達しポジティブになれる

・DHEAが最大90%UP、免疫力UP、脳が成長

・老化を防ぐ(テロメアの減少を抑制)

いくつか詳しく説明します。

ネガティブな感情のコントロール力が上達し、ポジティブになれる

僕はネガティブな感情を完全に悪者扱い

しているわけではありませんが、

ネガティブな感情をコントロールすることは

めちゃめちゃ大事です。

脱ステによるリバウンドは本当に辛くて

ずっとネガティブな人間でした。

今は感情のコントロールができているので、

辛さはあまり感じません。

これも、毎日瞑想やってるおかげなのかも

しれないですね。

DHEAが最大90%UP、免疫力UP

DHEAは男性ホルモンのテストステロンと

女性ホルモンのエストロゲンの材料となる

やつです。

このDHEAですが、効果がすさまじいみたいです。

  • 免疫力を高め、炎症を抑えたり腫瘍を予防する
  • 筋力を維持し、代謝を高めて体脂肪を減らす
  • ストレスを緩和し、意欲を向上させる etc.

DHEAについてもっと詳しく知りたいという方は

こちらの記事を参考にして下さい。

瞑想の威力半端ナシ!

瞑想の基本

瞑想は一人で、静寂な空間で行います。

まずイスに座るか、あぐらをかきます。

(結跏趺坐は体が柔らかい人ならできます)

瞑想で大事なのは姿勢と呼吸です。

背筋を伸ばして目を閉じ、

深呼吸を繰り返します。

呼吸は一分間に4~6回できるくらいの

ぺースで行ってください。

僕は4,5秒吸って8~10秒吐く

というようにしています。

(吐く時間の方が長くなるはずです)

そして、瞑想で一番重要なのが

“呼吸に意識を集中させること”です。

空気が鼻を通過するのを感じて下さい。

何かが頭に浮かんできたら、

再び呼吸に意識を集中させます。

注意が逸れて、再び意識を元に戻すときに

脳の前頭葉は鍛えられます。

つまり、瞑想の初心者や瞑想が苦手という人

ほど効果が高いということです。

呼吸を数えるなどして、なるべく頭の中を

空にしましょう。

慈悲の瞑想

瞑想といってもやり方はいろいろありますが、

一番効果が高いと言われているのが

この“慈悲の瞑想”です。

やり方はいたってシンプル。

瞑想の体制になって深呼吸をしながら、

次の言葉を心の中で繰り返し唱えるだけです。

私の願いが叶いますように。

私の苦しみが消えますように。

私が幸せでありますように。

私が穏やかでありますように。

もちろん、言葉は変えてもかまいませんし、

順番も特に決まっていません。

自分のやりやすいようにやって下さい。

この慈悲の瞑想ですが、効果がすごいみたいです。

慈悲の瞑想を続けると、迷走神経の働きが

よくなり、ストレスが減るというデータも

あります。

慈悲の瞑想についてもっと詳しく知りたいと

いう方は、こちらの記事をご覧下さい。

時間で変わる瞑想の効果

何分瞑想するかによって

その効果は多少変わってくるみたいです。

5~10分の瞑想を行うとリラクゼーション反応が

起こり、ストレスが鎮まります。

15分以上の瞑想を行うとアクティベーション反応

が起こり、集中力がアップします。

また、前半でも紹介したように30分の瞑想を

8週間続けると体脂肪率が下がります。

もしみなさんが瞑想の効果に最大限に預かり

たいのなら、30分の瞑想を習慣にしましょう。

ただ、最初から30分はかなりきついと思うので、

瞑想初心者の方は一日5分から始めてみて下さい。

瞑想の回数を分けてもかまいませんが、

一気にやる方が効果は高いみたいです。

最後に

瞑想の効果はヤバいです。

瞑想の時間がもったいないと思われる方もいる

かもしれません。

でも、瞑想することによって

身体と精神の健康が促進され、病気にもなり

にくくなり、睡眠の質が高まり、

睡眠時間が短くなります。

僕は4日前から瞑想を一日のスケジュールに

組み込んで、毎朝実行しています。

初日は10分から始めましたが、

徐々に時間を増やしていって最終的には30分の

瞑想ができるようになりたいと思います。

みなさんも是非一緒に瞑想を極めて

人生イージーモードにしちゃいましょう!