知っておきたい用語集40選

シェアする

あ行

・悪玉菌

有害物質を排出するはたらきを持ってる奴です。

・悪玉コレステロール(LDLコレステロール)

肝臓から全身にいくコレステロールのことで、決して悪者ではありません・・・

・アポトーシス

細胞が持つ、自らを死滅させる機能。

・アルファ波

リラックスして穏やかな状態の時の脳波。

インターロイキン(IL)

白血球から分泌される一群のサイトカインで、

細胞間のコミュニケーションの機能を果たします

ある実験では、

血清IL-9濃度が乾癬(mean 19.83 pg/mL)、

健常人(mean 15.59 pg/ mL)に比べ、

アトピー(mean 32.9 pg/mL)では

有意に高値でした。

IL-33は、血管内皮細胞や上皮細胞の核内に

恒常的に発現していて、

感染、物理的・化学的な刺激、

ストレスにより細胞が壊死した場合に核内から

放出され、炎症を即時に惹起するalarminの一つ

と考えられています。

インフラマソーム

炎症性サイトカインの産生を制御する

細胞内のタンパク質複合体のこと。

・インスリン

肝臓で作られるホルモンで、

ブドウ糖を細胞に運ぶ働きをします。

これのおかげで血中の糖が一気に増えても

血糖値は下がります。

・炎症性サイトカイン

体内の炎症反応を促進させるサイトカイン。

・オートファジー(自食作用)

細胞内のゴミをリサイクルして

エネルギーに転換するシステム。

・オキシトシン

「抱擁ホルモン」などと呼ばれるやつで、

ストレスを緩和し幸福感をもたらします。

オピオイド受容体

オピオイド(モルヒネみたいなやつ)の

作用発現に関与するタンパク質のことです。

・オメガ3脂肪酸

不飽和脂肪酸の一つで、血液をサラサラにする

効果があると言われています。

か行

・カカオフラボノイド

カカオに含まれるポリフェノールの一種。

・グルコース

意志力の源となる物質。

・グルテン

小麦などの穀物に含まれるタンパク質。

腸で分解されるとアヘン系の化合物に変わります。

僕が菓子パンを食べない理由もここにあります。

・グレリン

「飢餓ホルモン」と呼ばれるやつで、

空腹時に食欲を出させるのが仕事です。

・ケトン体

空腹時や睡眠時に、体内の脂肪の分解によって

肝臓で作られる物質。

・交感神経

自律神経の一種で、

活動、多忙、寒さ、空腹、貧困、

緊張、細菌感染などにより、優位になります。

・コレステロール

細胞膜の補修、脂肪の代謝、神経の生成、

血管の修復を担う、人体に不可欠な物質。

・コレチゾール

「ストレスホルモン」と呼ばれる副腎ホルモンで、

生体のリズムを日々管理してくれています。

さ行

・シータ波

深いリラックス状態、または瞑想状態の時の脳波。

・ステロイド

自然治癒力を強力に抑制し、

交感神経の緊張を促す副腎皮質ホルモンのこと。

・セレニウム(セレン)

免疫機能と甲状腺機能に関与する栄養素。

・善玉菌

良い酵素を出すやつです。

・善玉コレステロール

全身から肝臓へ戻るコレステロールのこと。

た行

・テロメア

染色体の末端に位置し、

染色体の破損を防いでくれます。

年を重ねるごとにすり減っていきます。

・闘争逃走反応

恐怖に対し、闘うか逃げるかの決断に

直面したときの一連の脳と身体の反応。

・ドーパミン

探求という行為(獲物を探す、

先がどうなるかを知る)にのみ関与する物質。

な行

・ナチュラルキラー(NK)細胞

白血球の一種で、全身をパトロールし

腫瘍やウイルスに感染した細胞に

「自己破壊せよ」と命令します。

は行

・バイオフィリア(生命愛)

人間が他の生きた有機体(人間、植物、

思想、社会集団)と情緒の面で

生まれつき密接な関係をもっていること。

・バイオフィリア仮説

自然のなかにある穏やかな生命を育む要素により、

人間が心の平静、明晰な認知機能、

共感、希望などを取り戻す力を得ると

仮定されています。

・白血球

血液の汚れ(老廃物)を処理したり、

ガン細胞を殺してくれるすごいやつ。

・日和見菌

腸内細菌のおよそ7割を占める菌で、

善玉菌と悪玉菌のバランス次第で働きが変わる

という厄介な菌

(善玉菌優勢なら善玉菌のように働きます)。

・フィトンチッド

樹木が発する芳香性揮発物質のこと。

・副交感神経

自律神経の一種で、休息、のんびり、

暖かさ、飽食、豊かさ、リラックス、

ウイルス感染などにより、優位になります。

・フリーラジカル 

電子を一つ失った分子のこと。

・ポリフェノール

抗酸化作用をもち、

やせ型細菌を増やしてくれる物質。

ま行

・ミエリン

神経を覆う絶縁体の役割を果たし、

脳とその他の部位の情報伝達を司っています。

・MEC(メック)食

Meet(肉)、Egg(卵)、Cheese(チーズ)の頭文字をとった食事法。

一日に肉を200g、卵を3個、チーズを120g摂ることが推奨されています。

詳しく知りたい方はこちらの本をチェックしてみて下さい。

ら行

・レプチン

脂肪細胞から作られるホルモンで、

満腹になった時に飽食シグナルを送ってくれます。

Abbreviation

・AGEs(終末糖化産物)

糖化によって形成されるやつで、

老化(肌のシワやたるみ)の原因になります。

・RAS(網様体賦活系)

脳幹にある「網様体」という神経の集まりで、

生命活動の維持を司っています。

彼のおかげで、僕たちは眠ることができ、

目覚めることができ、呼吸することができます。

無料メルマガやってます

 ■無料メルマガやってます

「肌きれいになりたいけど、
アトピーがよくなるか不安。。。」

「自分みたいにアトピーで
悩んでいる仲間がほしい」

「烈志さんに背中を押してほしい」

 

そんなあなたに心の拠りどころを与えたいと思い、無料メルマガコミュニティを作りました。

 

今メルマガで取りあげているテーマは、

・竹のようにしなやかなメンタルの作り方

・アトピー改善への科学的に正しいステップ

・ネットでは言えない医療界隈、健康界隈の話

主にこの3つです。

(三日に一回のペースで配信予定です)

 

僕と一緒にしなやかな体と心を手に入れ、
真の健康を手に入れませんか?

 

あなたのご参加をお待ちしてます!

 

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

烈志(つよし)です

■烈志(つよし)です

9割の皮膚科を信用していない
アトピー大学生ブロガー。

 

生後まもなくアトピーを発症し、
18年間ステロイドを塗り続ける。

大学入学を前にして「脱ステ・脱保湿」を始め、自然治癒力を高める治療法にシフト。

今年で3年目を迎える。

 

大学在学中にアトピーが悪化し、
単位をすべて落として休学中。

過去の自分のようにアトピーで死ぬほどツライ思いをしている人々に向けて、
科学(心理学)や免疫学などの知見をもとに情報発信している。

 

“人生は心の置きどころで変わる”を
モットーとして生きてます。

 

もっと詳しく烈志を知りたい方はこちら

 

シェアする

コメントをどうぞ!

 

💬コメントをどうぞ!