達成率が2倍になる目標設定のコツとは?

シェアする

どうもっす、アトピー悪化で大学を休学した烈志です。

あけましておめでとうございます!

2018年のスタートですね~

みなさん、今年の目標はもう立てましたか?

立てたとしたらどんな目標ですか?

ある調査によると、新年の目標で一番人気なのは

“ダイエットに成功する!”だそうです。

でも、これを達成できた人ってほとんど

いないんじゃないでしょうか。

僕も2017年の目標を何個か立てましたが、

ほとんど達成できませんでした・・・

だから、今年は正しい目標設定をして、

全部達成してやりたいんです。

そこで、

「今年こそ新年の目標を達成したい!」

と思っているみなさんのために、

“簡単にできて、達成率が2倍アップする

目標設定のコツ”をお伝えします。

「WOOPの法則」とは?

これが達成率を2倍にアップさせる

目標設定テクニックで、

Wish(願望)、Outcome(結果)

Obstacle(障害)、Plan(計画)

の頭文字をとったやつです。

説明するよりもやっちゃった方が早いので、

早速「WOOPの法則」に則って

目標を作っていきましょう!

やってみました「WOOPの法則」

1.願望(Wish)

まず、自分の最も強い願望を一つ設定します。

「頑張ればいけそうだな~」くらいのものが

いいみたいです。

僕は“完璧な健康体を手に入れたい!”

を願望として設定します。

2.結果(Outcome)

次に、1で設定した願望に関する

最高の結果を思い描きます。

僕の場合は、

“美肌になって周りにちやほやされる”

になりました(笑)

3.障害(Obstacle)

ベストの結果の障害となるものを

リストアップします。

(例)

・糖質を摂りすぎてしまう

・運動をサボってしまう

・睡眠の質が落ちる

・ストレスの多い環境

4.計画(Plan)

最後に、障害を乗り越えるための計画を立てます。

ここ使うのが「If-Thenプランニング」という

計画テクニックです。

どういうやつかというと、

“もしAが起きたらBをやる”

という風に前もって計画を立てておくわけです。

(例)

・もし、スーパーに行ったら、

 スイーツコーナーを避ける。

・もし、甘いモノが目に入ったら、

 10分間は食べるかどうか考える

・もし、どうしても甘いモノを食べたくなったら、

 スーパーに行って低糖質スイーツを買う

・もし、雨が降ったら、

 部屋でバーピーなどの簡単な有酸素運動をする

・もし、寝床について15分経っても寝付けなかったら、

 読書をして眠くなるのを待つ

・もし、ストレスを感じたら、

 趣味の時間を楽しむ、

 面白い動画を観る

「If-Thenプランニング」リストは部屋に

貼るなどして、いつでも見れるように

しておくといいと思います。

僕はホワイトボードに書きました。

プリコミットメントを使う

目標達成の拒むものを排除するテクニックとして

有効なのが、「プリコミットメント」です。

これは、“将来強い欲求に襲われることを事前に

見越して自らを拘束すること”です。

『WILLPOWER 意志力の科学』

(ロイ・バウマイスター著)より)

例えば、僕みたいに甘いモノを控えたいなら、

・スーパーには行ってもいいけど、

コンビニには行かないようにする

・ショッピングモールに行くことになったら

フードコートがある階には行かないようにする

・買う物をあらかじめ決めておいて、

それらを買える分だけのお金を持っていく

こんな風に先手を打つことで、

失敗を防ぐ確率が高くなります。

最後に

この記事のポイントをまとましょう。

・「WOOPの法則」を使って計画を立てよう

・プリコミットメントを使って失敗を未然に防ごう

この二つのテクニックは実験でも証明済み

なので、誰にでもかなりの効果を

もたらしてくれるはずです。

今年は絶対、完璧な健康体を手に入れてやります!

みなさんもこの記事を参考にして、

目標を作ってみて下さい。